シングルマザーは彼氏ができないと言われますが、実際のところどうでしょうか?
実は、案外多くのシンママには彼氏がいて、それなりに良い関係を築いているカップルもたくさんいます。
それでは、シングルマザーで彼氏ができない人は、何がいけないのでしょうか?

彼氏が欲しいシンママさんに、見直して欲しいポイントを5つご提案します。

まずは外見!特にシンママは自分磨き必須

男性並みに働いて、子育ても家事もして、自分磨きなんてできない!そう思っているシンママさんは、少し意識を変えた方がいいでしょう。

自分を磨くことは、毎日たった5分からでもできます。確かに、毎日忙殺されて過ごしていると、その5分を使うことすらもったいない、無理だとおもうでしょう。

しかし、子供を寝かしつける時間、家事の合間に少しテレビを見る時間、“ながら”でいいので自分のために時間を使いましょう。ストレッチをしたり、鏡を見てマッサージするのもいいですね!自分がキレイになると、恋愛にも前向きになれます。

子供や子育てを言い訳にしない

シングルマザーになると、一番に考えるのは子供のことです。これは当然のことですし、素晴らしい母親の姿です。

ただ、これが行き過ぎてしまうと、本当は彼氏が欲しいとおもっているのに「子育てで大変だし」と気持ちを抑えたり、婚活できないことを「子供に悪いから」と諦めてしまいます。恋人を作ったり再婚することに全く興味がないのならいいのですが、本心では彼氏が欲しいと思っているのなら、子供を言い訳にしない方がいいでしょう。

後々後悔すると、悲しむのは子供です。

離婚を恋愛に活かして独身にはない魅力を!

離婚をマイナスポイントにするか、良い経験としてプラスポイントとするか、それは本人次第です。

バツイチになると、素敵な人が現れても離婚を引け目に感じる人もいるでしょう。しかし、もう変えることはできない過去です。それなら、自分でプラスにするしかありません。独身では出せない包容力や、女性としての余裕をどんどん恋愛に活かしましょう!

何でも積極的に参加して出会いを増やす

子供と一緒に参加するイベントや、自分だけで参加する同窓会や女子会など、少しおっくうに感じるかもしれませんが、積極的に参加しましょう。

どこでどんな出会いがあるか分かりません。また、人脈を広げておけばいい人を紹介してもらえる確率もアップします。彼氏が欲しいとおもうなら、どんどん人と会うことが近道です。

幸せになっていいと自分に許可を出す

シングルマザーの多くは、自分の今後の人生を子供のために使おうと考えます。

自分の離婚で、子供に可哀想な想いをさせたという気持ちは、いつからか「自分の楽しみを優先してはいけない」という考えに行きつきがちです。しかし、母親の人生も子供の人生もそれぞれ大切です。子供はいずれ独り立ちし、母親の元を離れます。その時後悔しないためにも、自分にもっと幸せになる許可を出してあげましょう。

それができれば、恋愛する勇気や再婚に対する前向きさが出てくるはずです。

シングルマザーで彼氏できないと悩んでいる人は、以上のことを試してみてください。周囲の人は、心無く「シンママなのに彼氏なんて、子供がかわいそう」などと言うかもしれません。

しかし、そんな無責任な言葉を真に受けることはありません。誰も私たちを幸せにはしてくれません。子供を放置して彼氏にのめり込む人など、ほんの一握りです。子供と自分、みんなが幸せで満ち足りた生活を送ることに、積極的になってみてはいかがでしょうか?