好きな彼女や女性とのデート!前日や当日に急にドタキャンされた経験はありませんか?

デートのドタキャンには、男性には言えない女性ならではの心理や理由があるのです。本当にやむを得ない理由(身内の不幸や事故など)以外の、女性がデートをドタキャンする本当の理由を教えます。

彼氏が大好きだからこそ行けない!

付き合い始めてすぐのカップルに多いのですが、彼氏の前ではできる限り可愛くいたいと思っている女性がいます。

そんな理由から、顔の目立つ場所にニキビができてしまった、天気が悪くて髪型やメイクが乱れる恐れがあるなど、男性には理解しがたい理由でドタキャンすることもあります。

ただ、この理由の場合、彼に会いたい気持ちはあるので、必ずフォローは欠かしません。

体調不良で楽しいデートができそうにない

女性の場合、特に生理前~生理中には人に会いたくなくなります。

情緒不安定になる人も多いので、会っても不機嫌になったりイライラしてケンカすることを恐れて、デートをドタキャンすることもあります。また、頭痛もちの女性も意外と多いので、急に体調が悪くなってしまうと、どんなに楽しみなデートでもキャンセルしなくてはいけなくなります。

デート自体に興味が持てなかった

彼氏の趣味に合わせたデートは、前日までは付き合うつもりでも、当日になると「やっぱり行きたくない」と思ってドタキャンすることがあります。

特に、彼が趣味でやっているスポーツの試合、釣り、パチンコなどは全く興味のない女性にとっては苦痛でしかありません。デートの内容があまりにも興味のないことだと、ドタキャンにつながりやすくなります。

相手の男性をそんなに好きじゃない

相手の男性が好きなら、どんな理由があっても振り切って会いたくなるものです。確かに、好きだから会えないという理由もありますが、それ以外の理由ではデートに行かないということはあり得ません。

デートの相手をそれほど好きじゃない場合や、とりあえずキープしている状態の彼だと、デート当日に行く気が失せてドタキャンする女性もいます。

他の約束を優先してしまった

こちらも、あまり好きではない相手にしてしまうドタキャンの心理です。

例えば、本命の彼氏や心変わりしている男性と急に会えるようになったら、デートの約束をしていてもキャンセルしてそちらに会ってしまいます。何となく、他に男がいるんじゃないかと不安な人で、デートをドタキャンされた場合、その女性とのお付き合いは一度清算した方がいいかもしれません。

男性から見ると「嫌なら事前に言ってくれたらいいのに!」と怒りが込み上げるかもしれません。

それは当然なのですが、相手の女性はできるだけ男性に合せようと、デート直前まで頑張っているのです。

ただ、やはりデートをドタキャンする女性の心理としては、大前提として相手の男性をそんなに大切に考えていないことがほとんどです。こんなことに遭遇したら、そのつもりでお付き合いをしていくことをおすすめします。